支援のお願い

憩いの家では、「自主財源」の増強・安定を図るために、皆さまの支援を必要としています。ご協力をお願いいたします。

数多くのご支援に感謝しております
(社会福祉法人 青少年と共に歩む会  理事長 前田健一 )

憩いの家の運営資金の確保においては、善意ある皆さまのさまざまなご寄付をはじめ、バザー品の値付けや当日の販売係などをしてくださるボランティアの方々に、深く感謝しております。

また、毎年12月に開催している「デパート・バザー」では、1976年より会場を無償で提供してくださっている株式会社髙島屋日本橋店さま、および30年にわたり貴重なバザー品の贈答を多数いただいていている黒柳徹子さまにも、併せてお礼を申し上げます。

憩いの家3軒の運営に欠かせない自主財源は、ご寄付やバザー収益が大半を占めておりますので、今後とも温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

憩いの家のバザーは、年に3回、2つの会場で開催しています。

バザーでは、衣料品、日用雑貨、食器、本などさまざまなものを販売しています。売り上げはすべてホームの運営費となります。是非ご来場ください。また、個人および企業からのご提供品も随時承っております。

世田谷バザー

06

毎年5月と10月に「世田谷区民会館ホールロビー 」にて、それぞれ3日間バザーを開催しています。詳細は当ホームページ「NEWS」でご案内いたします。

デパート・バザー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1976年より毎年12月に5~6日間,「日本橋髙島屋」特設会場において開催しています。高級品などを格安にてご案内しておりますので、ぜひともご来場ください。なお、黒柳徹子さまからのご提供品(番組で着用された衣装をはじめ雑貨など)は、毎年人気のコーナーになっています。なお、会場は株式会社髙島屋さまのご好意により、無償でご提供いただいています。

バザーについての最新情報はこちらをご覧ください。

 

バザーのための提供品を募集しております。ご協力をお願いいたします。

憩いの家では、個人・法人の皆さまに「提供品」のご協力をお願いしています。

ご提供品について

 

黒柳徹子さんが「憩いの家」の活動を応援してくださっています。

黒柳徹子さんからメッセージをいただきました。

黒柳徹子さんからのメッセージ

 

法人(企業)の皆さまからのご支援をお待ちしております。

憩いの家では、企業さまなどからの「金銭」および「物品」によるサポートを歓迎いたします。御社の「社会貢献活動」の対象のひとつとして、ご検討いただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

<内容>

○自主財源(運営費用)……寄付金としてのサポートとなります。

○バザーのための商品提供……在庫整理品などご提供。

○暮らしに役立つ道具……展示処分品などの電気製品、パソコン、カメラなど。

法人さま用ご相談窓口

 

個人の皆さまからのご支援をお待ちしております。

憩いの家では、個人さまの「賛助会員」としてのご協力をお願いしています。(賛助会員としてのご寄付は、税金控除の対象となります。)

賛助会員のご案内

 

ボランティアを募集しています。

憩いの家では「バザー運営サポート」「食事(料理)サポート」「美容・理容サポート」を募集しています。

○バザー運営……バザー当日の販売担当、または事前の値付け作業をお願いします。

○食事(料理)……家庭の味、本場の味を子どもたちに提供してください。材料持ち込みも歓迎します。

○美容・理容……経済的に余裕のない子どもたちのヘア・カットやカラーリングをお願いします。

ボランティア・ご案内窓口